過払い金請求でお金を取り戻そう!【借金返済をスムーズにする】

違法な金利で発生した利息

説明

請求すれば取り戻せる

過去に消費者金融と取引した経験のあるかた、借金返済をしていた時の金利が何%であったか覚えているでしょうか、もし20%以上の金利で借金返済をしていたのなら過払い金が発生している可能性が高いです。利息を払い過ぎているかもしれないのです。なぜ、利息を払い過ぎてしまうことが起きてしまうのかというと、かつて消費者金融のような貸金業者は個人に融資を行う際に法律で上限金利が定められており、その金利以下で融資をしなければならなかったのですが、その金利を定める法律が利息制限法と出資法で2つ存在していたのです。利息制限法では限度額に応じて15%〜20%、出資法は29.2%としていたのです。利息制限法の金利を超えて融資することは違法なのですが、多くの消費者金融では出資法に準じ融資を行っていたのです。出資法の高い金利のほうがまかり通っていた理由は、利息制限法に罰則規定が無かったこと、そしてみなし弁済という条件をすべて満たせば超えたも問題なかったので29.2%に近い高い金利で融資をしていたのです。みなし弁済適用には、いくつか条件がありすべて満たさないとダメなのですがほとんどの業者が条件をすべて満たさず融資を行っていたので最高裁でも違法である判決が出たことから過払い金として請求することができるようになったのです。違法な金利で借金返済していたから自分も過払い金があるかもしれない、ただし借金返済していた期間や取引内容によっては過払い金が発生していないこともあります。素人では判断付きにくい部分があるので弁護士等の専門家に依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2018 過払い金請求でお金を取り戻そう!【借金返済をスムーズにする】 All Rights Reserved.